トップ > 施設・設備
施設・設備
for mobile

施設・設備

右下のボタンを押すと院内の様子がご覧いただけます

機器のご紹介

胃カメラ

胃カメラ

胃カメラ検査では、食道、胃、十二指腸を内視鏡により観察します。
当院では従来の経口の胃カメラに加えて 細径スコープによる経鼻の胃カメラも行っています。ご来院時にお話しをうかがい、ご希望や目的に応じて適当な方法をご提案いたします。胃カメラ検査に苦手意識をお持ちの方でも、検査時の吐き気や不快感が大幅に軽減されるよう努めておりますので、安心してご相談下さい。
お電話をいただければ 検査の予約ができます。
また当日食事をせずご来院いただければ 診察後に即日検査が可能です。
(予約が多い場合には対応できない場合がありますことをご了承ください)
大腸カメラ 大腸カメラ

大腸カメラ

肛門から内視鏡を挿入し大腸を観察します。
大腸がん、ポリープ、炎症などを診断します。ポリープが見つかれば、ご相談の上その場で切除することが可能です。
巷では痛い・つらいと評判が悪い検査です。その理由は大腸が伸びたり、ねじれることによる腹痛と、送られた空気による腹部の膨満感です。検査中は出来るだけ腸を伸ばさず、ねじらずに空気による腸の膨らみを抑えるように努めます。当院ではこの空気は炭酸ガスを使用しておりますので、検査後のお腹の張りは非常に少なく、大部分の方がそれほど大きな苦痛がなく検査を終えることができています。また検査時に鎮静剤を使うことができますので、ご希望の方はお申し出ください。その場合 車の運転はお控えください。

トイレ付の個室を用意していますので、検査日に当院へ来院されてから当日分の下剤をお飲みいただき 大腸カメラを受けていただくこともできます。

内視鏡洗浄器

内視鏡洗浄器

内視鏡を介した感染を防ぐために、内視鏡は検査1回ごとに消毒装置を使い、肝炎ウィルスやピロリ菌などの細菌を完全に滅菌、消毒していますので、安全な検査を受けることができます。
超音波画像診断装置

超音波画像診断装置

人体に影響の無いとても安全な検査で、内蔵の輪郭や動きをリアルタイムで観察することができます。
朝食をとらずに来院されれば随時検査を行うことができます。
(甲状腺の場合食事していただいていても行えます。)
ページトップへ